介護施設・老人ホームの種類

老人ホームは3種類のタイプに分かれます。

この中で、介護施設の特別養護老人ホームは多くのところで、入所待ちをいわれていて、数年待ちのところもあります。入所できるまで、在宅介護で過ごすか、お金がかかりますが、有料老人ホームで待機する人もいます。

2011年10月、高齢者が住み慣れた町で必要なサービスを受けながら暮らせるように、国土交通省と厚生労働省の連携による「サービス付き高齢者向け住宅」が始まりました。

バリアフリーの高齢者住宅で定期巡回による見守りや介護サービスが受けれられ、特別養護老人ホー待ちの解消が期待されます。

①介護施設

介護保険や老人福祉に基づいた公的なもので、高額な一時金の支払いもなく、利用者の負担は比較的軽く利用できる。

特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)
生活の場として入所

介護養老型老人保健施設
医療的要素が強い

②養護施設

介護保険や老人福祉に基づいた公的なもので、高額な一時金の支払いもなく、利用者の負担は比較的軽く利用できる。

軽費老人ホーム(B型)
自炊が前提

ケアハウス
介護サービスを受けることができる。

③有料老人ホーム

念やサービスなどに独自性があり、施設によってもさまざまです。最近になって手頃な価格の施設も増えてきましたが、贅沢な施設が多く、高額な一時金が必要となるケースもあり、利用者の負担は高額になる。

 

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ