介護保険サービスとして入所できる介護施設

特別養護老人ホームの順番待ちをしている間に、どのようにケアをしていくか考えておく必要があります。

施設 介護を受けながら生活 介護を受けながらリハビリ 介護を受けながら長期療養 医療施設内の病床で介護を受けながら長期療養 認知症の人向け介護を受けながら共同生活
介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム) 介護老人保健施設「ろうけん」 介護療養型老人保健施設「療養型ろうけん」 介護療養型医療施設「療養病床」 認知症型対応型共同生活介護「グループホーム」
対象年齢 原則65歳以上 原則65歳以上 原則65歳以上 原則65歳以上 原則65歳以上
入所条件 「要介護1」 以上重度者 「要介護1」 以上重度者 「要介護1」 以上重度者 「要介護1」  以上重度者 「要介護1」  以上重度者
特徴 終の棲家としても「生活の場」 自宅「復帰」のためのリハビリ施設 長期「療養」のための施設※医療サービスが充実 長期「療養」のための施設※2018年3月末で廃止 家庭的な雰囲気の中での「共同生活」
介護がなければ日常生活に支障をきたし、在宅では適切な介護が受けられない人が対象。入所に順番待ちが多い リハビリを受けながら、自宅に戻る復帰を目指す人。3~6ヶ月が目安(実際は、長期化も多い) 「ろうけん」よりも更に医療提供を手厚くしたものだが、まだ数が少ない 長期の療養が必要な人を受け入れる施設で、病院などに隣接していることが多い 比較的安定した認知症の高齢者が対象。5~9人の共同生活で、家庭的な中で穏やかに生活を送る
医師の配置義務 △非常勤で可
介護保険で受けられるサービス 施設サービス 施設サービス 施設サービス 施設サービス 認知症対応型共同生活介護

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ