養護老人ホームと軽費老人ホーム

養護老人ホームと軽費老人ホームは、いずれも経済面や家庭面などに、何らかの事情がある人のためのものです。入所に所得制限があったり、利用料も利用者の年収に応じて決定されます。一定の収入がある場合は、入所できないこともあります。

養護老人ホームは、ホームレスや家族による虐待、著しく所得が低くて自宅に住めないなどの理由により、緊急的な養護が必要な65歳以上の人のための施設です。さまざまな施設は自分で選び、契約して入所しますが、老後老人ホームは行政による「措置」として入所することになり、利用者が施設を選ぶことはできません。

軽費老人ホームは、公的補助によって利用できる施設で。A型、B型、ケアハウスの3つがあります。

施設 行政の「措置」として入所 自宅に住めない事情の人
軽費老人ホーム
養護老人ホーム A型 B型 ケアハウス
対象年齢 原則65歳以上 自立可能な60歳以上 自立可能な60歳以上 自立可能な60歳以上
入所条件 経済的問題で自立が難しい 身寄りがないか、家族と同居できない事情がある。身の周りの事は自分でできる
特徴 緊急的な養護が必要高齢者を、行政の措置として受け入れる。利用者が施設を選べない。所得制限がある。 給食型 自炊型 給食型
低額な料金で高齢者の住居を提供する。利用の年収により利用料は異なる。介護が必要となったら、「ケアハウス」に転居する。全個室 食事、簡単な支援、介護保険による在宅サービスが受けられる。ただし、重度化すると困難となる。利用の年収により利用料は異なる。※少しずつ介護付ケアハウスもできている。
介護スタッフの配置義務 × × × ×
介護保険で受けられるサービス 在宅サービス 在宅サービス

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ