施設では、いくらくらいの費用がかかるのか?

介護施設や老人ホームを選ぶ場合に、費用に含まれるもの、追加の支払いが生じるもの、一時金の返金ルールなど、あらかじめ確認しておくことが大事です。

まず一番大きくかかる費用は、介護費用、食費、居住費(家賃)、生活費などです。民間の有料老人ホームなら、入所する際に一時金や入園金などの支払いがあり、入所後は月々に家賃や管理費、食費を支払うケースが多いです。

一時金の中には、途中で退所したり、無くなった場合には返金してくれる施設もありますので、入所する際にはきちんと確認しておきましょう。

<払い戻し対象>

介護費用は、介護保険によって自己負担が1割となります。ただし、一定額を超えると払い戻しされるものもありますので、忘れずに申請しておきましょう。

高額介護サービス費

一ヶ月分の自己負担額が一定額超えると、超えた分が払い戻しされます。申請しないと払い戻しがされませんが、一度でも申請すれば、その後は自動的に払い戻しがされます。自己負担額の上限額は、それぞれの家庭の経済状況で異なります。

高額医療合算介護サービス費

世帯の1年間の介護と医療費の支払い合計が一定額より高くなった場合

特定入所者介護サービス費

一定より所得が低い場合、通常全額自己負担である食費や居住費が、一定額だけ払えばよいことになります。「ろうけん」「とくよう」「療養型ろうけん」で利用できます。

<施設の月額利用料のめやす>

介護老人型福祉施設(特別養護老人ホーム)

・4人部屋・・・8万円前後
・個室・・・13万円前後

介護老人保健施設

・4人部屋・・・9万円前後
・個室・・・14万円前後

介護療養型老人保健施設

・4人部屋・・・10万円前後

介護療養型医療施設

・4人部屋・・・10万円前

グループホーム

・4人部屋・・・12万円前

介護型有料老人ホーム

・15万~25万円(施設によってかなり異なる)
・一時金の目安・・・300万~1000万円

養護老人ホーム

・収入によって異なる

軽費老人ホームA型・B型

・収入によって異なるが、7万~15万程度

ケアハウス

・収入によって異なるが、7万~15万程度

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ